技術紹介

配管洗浄

洗浄対象の配管の仕様、状態、洗浄目的によって最適な洗浄方法が異なります。弊社では・一般高圧洗浄・2Dノズルを用いた高圧洗浄・ピグ洗浄・トルネード洗浄・循環洗浄など多くの工法から「安全性・仕上がり品質・工期短縮」などを考慮し、最適な工法または工法の組み合わせをご提案いたします。 【提案・施工例】

インフラメンテナンス国民会議に参加

日進工業はインフラメンテナンス国民会議の実行委員会及び関連フォーラム等に参加しています。かねてよりインフラメンテナンスに従事する当社としては、本会議に積極的に参加し、・インフラストラクチャーの老朽化の実態把握・様々な視点、観点からの効率的・効果的なメンテナンス手法の検討・国、自治体

アクアカッター

アクアカッターはウォータージェット(WJ)を用いて、コンクリートの表面処理やハツリを行う機械です。 特徴○施工時に、斫りガラ・水を吸引することにより、飛散を防止しながら施工可能○短期間で広大な施工を行うことができる○少ない養生で施工可能○WJを噴射する先端治具を交換することで、より効果的・効率的な

ハンドアクアブラストとスピンジェット

ウォータージェットを用いて、コンクリートの表面処理などを行う機械です。また、使用した水を回収しながら施工します。〇施工面に手で押し当て、コンクリートの表面処理等施工します。〇施工面に合わせて先端仕様を変更し施工します。〇使用した水を回収しながら施工します。〇天井、柱、壁等の施工も可能です。

桟橋荷役ドルフィン床版補修工事

施工の実例竣工より40年以上経過した桟橋躯体に発生したコンクリート剥離、鉄筋露出、クラック、浮きなどの全面的な補修工事を施工しました。沿海地域の経年劣化したコンクリート建造物の補修をお考えの際はぜひともご連絡ください。前段取り(養生)劣化部の除去補修完成検査施工前施工後

削孔

WJによるコンクリート削孔システムウォータージェットを用いてコンクリートを削孔する技術です。様々なコンクリート建造物のメンテナンスの一端を担っています。【一部を清水建設(株)と共同特許取得】橋脚の落下防止金具の設置やコンクリート建造物へのその他の器具設置の下穴開けなどに適しています

NST-2 根入れ深さ測定装置

NST-2(根入れ深さ測定装置)とはNST-2 とは、超音波を用いて、支柱の埋められている深さの測定器です。インフラ関連鋼製防護柵(ガードレール支柱等)の根入れ深さを迅速に、かつ高い精度で測定できる超音波根入れ深さ測定装置です。この度 typeⅢにおいては、送信パワーの大幅な増大に

トルネード工法洗浄

ウォータージェットを用いる配管洗浄です。マンホールなどから洗浄用ホースを挿入し、先端ノズルから噴射させるウォータージェットで配管の洗浄を行います。トルネード工法の特徴1. 洗浄速度が速く工期の短縮を実現2. 管壁に沿って進むので曲がり管もむら無く洗浄3. 非開削で管延長ワンスパン1

ピグ

ピグ洗浄とは配管の内部にポリウレタンや金属などで出来た玉(ピグ)を挿入し、圧力をかけ配管内を走行させることにより、汚れを取り除く工法がピグ工法です。配管の大きさや付着した汚れの質によりピグの形状や仕様を使い分けます。また、異なった種類のピグを同時に流すことにより、効率的な清掃が

鋼製埋設支柱路面境界部腐食調査装置 「キズミー1」

標識や看板が急に倒れてきて大きな事故になることがあります。このような事故を未然に防ぐために、日ごろのメンテナンスが重要になってきます。目視検査のみではなく、検査結果を数値で残し、検査日での判定だけではなく、経時変化を分析することにより、計画的なメンテナンスが可能になります。キズミー1とは

TOP