Background Image

ピグ

ピグ

A-16

ピグ洗浄とは

ピグ洗浄の概略図01 ピグ洗浄概略図02

配管の内部にポリウレタンや金属などで出来た玉(ピグ)を挿入し圧力をかけ配管内を走行させ

ることにより、汚れを取り除く工法がピグ工法です。配管の大きさや付着した汚れの質によりピ

グの形状や仕様を使い分けます。また、異なった種類のピグを同時に流すことにより、効率的な

清掃が可能となります。

枝管のある配管にも対応できます。

ピグの位置の把握方法や回収方法も確立していますので安心して施工できます。

●こんな時に役立ちます●

○定期、不定期の配管点検  ○内容物の変更に伴う洗浄  ○加熱炉のデコーキング

○高粘度液体の払い出し  ○サニタリー配管の洗浄   ○大口径移送管の洗浄

・配管敷設の状況が、埋設、海底中でも対応可能です。

・エルボ、Uベントの配管曲がりの制約を受けにくいので、洗浄の為に

 必要な掘削などの土木工事を削減することが可能です。

・気体(プラントプラントエアー、窒素)及び液体(水、油)をピグ圧送の媒体として使用します

 (必要に応じて、吸引して負圧を発生させることにより、レシーバー側でのピグ回収も可能です。

 ピグ洗浄工法のカタログダウンロードはこちら

注意:閉塞してしまった配管の清掃には、RJ洗浄が効果的です。 

RJ洗浄の詳細はこちら

施工前配管

施工後配管

ピグ洗浄前の配管

ピグ洗浄後の配管
 

 

ピグ洗浄の施工イメージ
日進工業のピグ洗浄に関する特徴

さまざまなピグ

豊富なサイズ・用途のピグを準備しております。(1B~56B:ご要望に応じて製作も可能です。)

各種ピグ

施工例

小型ピグ

ピグ充填 例1

ピグ充填 例2

ピグ回収例

スタッドの写真 ピグ装填 例 ピグ回収

大きな配管の清掃には、大きなピグを用いますので、クレーンでの作業が必要となります。

大型ピグ充填例

   
ピグ挿入1 大きなピグの装填 大きなピグの装填 例2

施工前後のピグの状態

施工前に鋭角であったスタッド(スパイク)が施工後には、配管内の付着物との摩擦により削られて、

丸みを帯びてしまうこともあります。

施工前

施工後

ピグ仕様前 ピグ使用後

インテリジェンスPIG

インテリジェンス ピグ