Background Image

油汚染水の処理

油汚染水の処理

A-4

タンククリーニングに限らず、石油関連の機器の洗浄では油分を含む洗浄廃水が発生します。
この油で汚れた廃水を、発生場所(現場)で処理する為の移動式排水処理装置を開発しています。プラント関連

【新日本石油(株)と共同特許出願済み:特願2008-011905】

haisui_01b

haisui_02

     

 

「試験装置(550L缶×3段)」
想定油分濃度 50mg/L
目標油分濃度 0.5mg/L
処 理 能 力 8.25KL/H(標準)
大 き さ 4m×2m×1.5m
空 重 量 2.41t
(充填状態で4t)

 

 

処理ユニットを増やしすことにより、処理量を増大させることも可能です。

配置例
移動式排水処理装置概要

処理水の変化

処理前              処理後

 

排水処理結果

 
   

吸着剤について

吸着材には、油吸着能に優れた粒状のニードルコークス(か焼コークス)を採用しています。

この吸着材は、油分の除去に優れるだけでなく、 再生しての再使用が可能な他、使用済みの吸着材を燃料としても使えますので、 使用場所の環境に合わせた処理が可能です。

※この吸着材は、素材の親油性(疎水性)で水中の油分を選択的に除去する為、 この親油性を阻害する物質(界面活性剤)があると、性能が低下する事があります。  また水溶性の油は除去できません。

※この吸着材は細孔を持たない為、CODを除去する場合は、活性炭処理などを組み合わせる必要があります。

※吸着させた油によっては焼却時に炉を傷める事がありますので、事前の確認が必要です。

haisui_03
N-ヘキサン除去率比較

  除去率(%)
水処理用活用性炭 89.6~93.9
ニードルコークス 97.7~98.8

A重油含油水を用いた当社比較実験より

haisui_04
左から、原油タンク洗浄排水、1槽目出口、2槽目出口、処理水