Background Image

ロボットによるウォータージェットハツリ工法

ロボットによるウォータージェットハツリ工法

S-33

WJ HP

ウォータージェットによるハツリ施工は、ハツル深さが深い場合や広範囲に及ぶ場合は、機械(ロボット)により行うことをお勧め致します。

ロボットによる施工には下記3点の利点があります。インフラ関連

○ハツリガラの跳ね返りによる負傷の心配がない 

○超高圧水による人的被害の心配がない

○連続施工が可能(手作業の場合交代が必要)

張出床版ハツリシステム

張り出し部を挟み込みながら、自走で深ハツリを行います。

人で工法の約10倍程度のハツリ能力があります。

張出床板ハツリ1 張出床板ハツリ2

X-Y-Z3Dハツリ装置

3軸+1制御による遠隔操作

  ・X方向、Y方向へは支柱追加により延長可能。

  ・ノズルをZ方向、左右傾斜、上下傾斜に移動可能。


X-Y-Zのノズル詳細

施工例

x-y-z 装置 X-Y-Z装置 施工後