車両運搬レール異常検出装置

A-12

生産が忙しいときこそ、早期の異常発見が必要となります。研究開発その他

そこで、生産しながらレーンの検査を可能にしました。

レールに接触しているトロリーにセンサーを組み込むことにより
生産活動を止めることなく常時レールの編摩耗や異常を検出し
ます。データ化された測定値は無線により送られタイムリーに
解析・保存が可能です。

これを基に、生産計画に合わせて、レーンの保全も計画的に行っていただけます。

【トヨタ自動車とSWR(株)共同特許申請中】