Background Image

マリンホースリサイクル

マリンホースリサイクル

A-17

マリンホースの廃棄にお困りの方へ

WJ HP

マリンホースは、定期的に交換が必要ですが、陸上用に比べ強固な構造であるために、

使用後のホースの処理が課題になることがあります。環境関連

そこで弊社では、使用後のマリンホースを処理し、必要なコストの低減と、再資源化を

提案いたします。

【株式会社出光プランテック徳山と共同開発 特許取得:特許第4632323号

図6

処理の手順

①切断 : 超高圧水によりゴムホースのゴムを切断し、分離します。

図7

②ワイヤーの引き抜き : 重機によりワイヤーを引き抜きます。

ワイヤーを引き抜く作業

③分別 : 再利用可能となるよう分別します。

ゴム

ワイヤー

図8

図9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他複合材の廃棄処理へのご提案

特殊な複合材の廃棄処理についてお困りの際は、ぜひ弊社へご相談ください。

最適な処理方法を検討し、ご提案させていただきます。